TTクーペの液晶修理

メーター液晶修理

TTクーペの定番というか持病、メーター内の液晶のドット抜け。DIYで修理するために分解していきます。車体からのメーターの取り外し方はコチラです。

メーターを分解してはんだしなおしていきます。

メーター分解

車の中から机に移動して、基盤を拝めるようにネジを外していきます。

まずはぐるっと一周小さいトルクスを外し、ツメを外せばカパッと外れます。

カバーの内側に指紋を付けないように外したら、針とスケールシートを外します。針はさしてあるだけなのですが固いので内装はがしなどで壊さないように、なるべく真上に引き抜きます。

量販店で売っているような内装はがしではなく大きめのテコの原理で外せるものがオススメです。大きいのでオススメです。

内部を一式押し出すように外せます。ここまできたら基盤まではあと少しです。

ここが最初の難関。メーターを動かすユニットを4つ取り外します。ツメで止まってるだけなので、ピンセットなりピックツールなりで広げて抜きます。針の数だけ、4つユニットがあるので取り外します。

ユニット外してツメをたくさん外すとやっと液晶とご対面。

ここまでやって完全分解となります。

はんだごてで溶かして外してを繰り返して基盤からはがします。

どうせ壊れてるってことではがしやすいように切っちゃいました。

液晶パネルをケースにセットしてもう一度はんだ付けしていきます。

端子は画像奥からです。手前の4つくらいは使いません。

はんだ付けしたらあとはもとに戻すだけです。ここまでくればふぅっと一息。

液晶には触らないようにケース戻して針をもとの位置に戻して終了です♪

もし針がずれている場合はVCDSで針の位置を調整してあげる必要があります。

失敗編

実は一回失敗してまして…というのも車両に戻したらなんか明るい

昼間なのにコレ。夜はひどかった。

原因を考えるよりも、再び新品LCDを買って再度はんだをやり直しました。どこかで端子が接触不良だったのでしょうか。

とりあえずあれ?ってなった方はおとなしくやり直してみるがよろしいようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする