オイル交換

スペーシアのオイル交換

我が家の主力、スペーシア。型でいうならMK32S、前期型です。スペーシアやその他スズキの軽とエンジンは同じです。車高下げてないし、フロントのオーバーハングが短いのでオイル交換はめっちゃ楽です。BRZとかTTクーペだとアンダーガードあるし車高に余裕ないしで大変。

ジャッキアップ

スペーシアの場合は不要です。

アストロプロダクツのスロープ、6cmのかさましで十分です。

スロープのほうがジャッキより安全で簡単なのでオススメです。ガソリンスタンドでバイトしていた時に知りましたが毎年2人ほど車の下敷きで亡くなっています。ホントに気を付けましょう。

で、スペーシアの場合スロープ使えば十分です。水色がドレン、赤がオイルフィルターです。今のクルマってエレメントが下か上で助かります。昔の一部の車みたいに横のほうにナナメについてたりジョイントにエクステ駆使しないと外せないなんてことがないから楽です。N-ONEレースでグラベルに突っ込んだらオイルフィルターの土台ごともげたってのも聞きますが(^^;)

ドレンは14ミリです。

外すとジョバーッってでてきます。この時軍手はNGです。アツアツのオイルが軍手にかかると吸っちゃってヤケドのもと。キッチン用のポリ手袋みたいなものがオススメです。

ある程度オイルが抜けたらエレメントも外します。あ、オイルフィルターもオイルエレメントも同じことです。純正は確か65ミリのカップレンチです。

そしたら新品を取り付けます。どのくらい締めるかは本体に書いてありますがたいていは「ゴムが接触してから3/4回転」です。エレメントの上にOリングにオイルを指で塗っておきます。

カップレンチにも本体にも数字が書いてあるので難しく考えずに、手で絞めつけて、手で絞められなくなったらカップレンチで3/4回転、でokです。ゆるく感じますがこんなもの。

ドレンはも厳密には車種ごとに締め付けトルクがあるのですが、50 kg/Nmでたいていok。ホイールナットの半分の力です。締めすぎるとオイルパンが割れるのでご注意を。オイルパンはわざと柔らかい、ぶつけたときに割れてオイルが流れ出ないような素材でできています。

ドレンもフィルターも取り付けたらオイルを入れます。

スペーシアの場合、エレメント交換無しで2.6 L、ありで2.8 Lです。

トポトポいれたら、少しだけエンジンかけてオイルを回してからレベルゲージで確認。経験上3リットルで青矢印の上限に来ます。オイルはいつも5W-30です。エコカーだと0W-20が指定だったりしますが全く問題なし。ウチはペール缶であるのでBRZとスペーシアでシェアしています。きれいなオイルがちゃんと入っていれば固いぶんには問題は出にくいと思います。

片付けしながら5分くらいエンジンかけて、オイル漏れがないことを確認したら終了です♪

不安なら翌日とかに車の下をみてオイルが垂れてなければ問題なしです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする