リアキャリアとボックス追加

通勤仕様に

いちいち車で通勤すると燃費にも、暖まる前動かせばエンジンにもよろしくないので原付通勤に切り替えます。それにバイクなら乗っているだけで楽しめますからね。

ってことでエイプにキジマのキャリア (エイプ100用) を取り付けます。

ちなみにウチのエイプ50、シートだけ100の長いシートがついています。フレームとかそのほかは50純正です。フレームに合わせて黒いキャリアを探していたらたまたまキジマのエイプ100用のキャリアがあったのでつけちゃいました。50のフレーム100のシート、そこに100用のキャリアを取り付けてみました。

エイプ100用なのでサブフレームにも固定できるようになっています。50だとこの恩恵を受けることはありません…

キャリア取り付け

といっても難しいことはなく、シートを留めているボルト2本を外したらリアフェンダーを留めているボルト2本、合計4本を外すだけです。キャリアを取り付けるのにウインカーを外します。

あとはサクッとつけるだけ。キャリアの後ろのボルトをM6、60ミリ以上のボルトが必要です。中古で買ったからついてなかった…

穴が合わないとかどっかと干渉することもなく無事に完了。

ちなみにシート、フェンダーとのクリアランスはこんな感じ。100のフレームだとこの位置にサブフレームがあるわけですね。

とまぁこんな感じで装着。キジマのキャリアは少し反っているのでタンク~シートのラインに沿っていい感じです。

ってことでここにリアボックスを取り付けます。

リアボックス取り付け

リアボックスを取り付けるためにベースプレートを取り付けていきます。リアボックスはモノタロウの安い、2000円ほどのものを取り付けます。コレ、値段の割に実用的です。取り付けが少し難しい、コツが必要ですがぜんぜんアリです。

スタイル的にはキジマのキャリアはとてもいいのですがボックスを付けるとなるとちょっと、ねぇ。

反っているからプレートが密着しません。密着できず、しかも水平ではないのでちと厄介。とはいえちょうどよく固定することは可能です。

ベースプレートとキャリアの固定ボルトはこの位置で。取説とは若干異なりますがちゃんと固定できていればokでしょう。

裏から見るとこんな感じ。付属のボルトは長すぎたので手持ちの適当なM6ボルトに交換。エイプの場合テールランプとの干渉があったので短いボルトにしました。付属のボルトが結構長いので反った、平らじゃないキャリアでも固定は可能です。

てことで取り付け完了。容量は25リットルです。エイプのサイズ的にちょうどいいところです。ちょっと小さいけどんまぁいいところでしょう。

イイ感じ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする